読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライヤー難民

なぜこの値段でそのドライヤーなのか。温泉宿におけるドライヤーのお話。

新宅旅館 白骨温泉

shintaku-ryokan.jp

住所:長野県松本市安曇白骨温泉

利用:日帰り

評価:☆

 

感想:まさかのゼロ。

ドライヤーが無い日帰り温泉自体は珍しい事ではありません。ですがそれは大抵の場合秘湯系の温泉や公衆浴場に近い温泉である事がほとんどです。なのでこの小奇麗な宿でドライヤーが全く置いていないのは計算外でした。

脱衣所は広く綺麗で洗面台も4~5つあったと思います。そしてそれぞれにドライヤー置き場と思わしきスペースがありました。日帰りの時間だけ撤去しているのか、たまたまその日は設置していなかったのか、それとも脱衣所には設置せず部屋にセッティングする形にしたのかは不明ですが、恐らくこの不便さは日帰りの時だけ発生するのものだと思われます。

いずれにせよ無いものは無いです。諦めましょう。